haruのヘアケアで抜け毛を減らし髪のボリュームを取り戻す!

血行不良が抜け毛を増やす

 

髪の症状で男女ともに多くあるのが、「抜け毛が多くなる」と聞いています。

 

こういった要因の一つとしては、頭の血行不良が挙げられます。

 

頭皮の血の巡りが悪化すると髪に養分が届かなくなって、髪がやせ細って抜けがちになったのです。

 

昔から東洋医学では、髪の毛は血液が余ってできたものだと伝えられているというほど、髪からしたら血液は必要になってきます。

 

頭皮の血液循環活性をすることで、「髪のボリュームが無くなる」「抜け毛」をカバーしてくれる効果が認められるので、最初にあなたの頭の状況を確認することが必要になります。

 

頭皮の柔らかさが抜け毛を減らす

 

指を広げ、頭を掴んで円を描くように動かしてみて下さい。

 

こめかみとつむじあたりが大差なく動くなら健康な頭の柔らかさそうです。

 

例えば、頭頂部の頭皮が動きがスムーズでなければ血行不良の状況に陥ってる場合もあります。

 

何もしないままだと「髪のボリュームが無くなる」・「髪の抜ける量が増える」といった事態になるかもしれないので少しでも早く血の巡りを良くするケアをするといいかもしれません。

 

マッサージで抜け毛予防

 

髪から見れば本来豊富な血液循環が欠かせないのですが、頭には筋肉がほぼ存在しないため血液循環が悪く血流が足りなくなることが少なくありません。

 

頭皮マッサージで頭皮を働かし頭皮をふんわりとしておきさえすれば、血の流れが改良され、髪に必要な養分が浸透しやすくなると思いますヘッドスパと同じようなものです。

 

頭皮マッサージで頭皮をやるときには指を使って頭皮を下から上にかけてマッサージすると効果が見られるでしょう。

 

間違っても爪を立てないように注意しましょう。

 

頭皮マッサージは髪がたくさん抜けてしまうのを防いだりすること以外にも、頭皮の減退や顔のたるみの予防・改善にもなるので習慣にすると良いでしょう。

 

シャンプーついでにマッサージ

 

シャンプーという用語には、マッサージという意味もあるのです。

 

通常の目的は髪を綺麗に洗うことはもちろんのこと、頭に働きかけ血流を良くする事だと考えられます。

 

髪の汚れや古くなった角質をきれいにするということは当たり前なのですが、血の循環を良くするように意識してマッサージするように洗髪しましょう。

 

シャンプー時は、お湯で頭皮をあったかくすることにより、血液循環活性が可能となります。

 

育毛でd抜け毛予防

 

育毛剤に調合されている主成分の一種として、オタネニンジン、センブリエキス、セファランチン、ビデイオキシジルなどがあり、こうした成分には頭の血行活性化作用があるのです。

 

育毛剤は毛生え薬として使うものだとイメージしている人もたくさんいると思いますが、もとより頭皮環境を良くして、育毛を援助する商品になっているので、そこそこの年齢を上回ったら、育毛剤を使用したほうが頭皮の考えればいいこと尽くめだと言ってもいいでしょう。

 

日常生活を見直し抜け毛予防

 

この他に日常生活で、栄養バランスの取れた食事や軽いスポーツ、睡眠をきっちりと取ることやシャワーで済まさずお風呂に入って身体を温めるなど、習慣的に身体が冷えないように考えるということも必要なので意識してみてください。